僕らはどこにも属さない

春になったら千春ちゃんに逢えた、音楽とも呼べない音楽を始めて一年が経っていた

相変わらず下手くそな音を鳴らしてる 相変わらずヘラヘラしていて相変わらずあいかわらず愛変わらず

春は花がきれいで、最近は全て許せるような気はするはずないけど受け入れることが少しできるタイミングが増えて、だからこんな殴り書きを冷静なまま淡々としていて

f:id:utatakanohibi:20170505191628j:image

 

 

大切にしていた世界にいた人は、気付いた時にはいつももう違う世界にいて、いまもわたしはそこにずっと取り残されてる。愛着とその人たちが落としていったカケラを拾い上げてまた新しい自分を構築して、そんな遊びをずっと続けるから、音楽なんてものとか、概念的な恋にさーー。

綺麗な花を顔に押し当ててぐしゃぐしゃにして隅から隅まで見て、匂いを感じて、形もなくなるまで求めないと気が済まないことは罪なのかな。

でも花びらが重なりすぎて、永遠になくならない 思い出だけが馬鹿みたいに積み重なってく

知っても知っても知り足りなくて想っても想っても届かなくて

その人がわたしの近くにまだいる、もういないなんて関係ないんだよな

 

好きな人の存在は目を開けた世界ではなく、目を閉じた世界にあるものなのでしょー。ねっ。

だから、いつもどこにいてもひとりぼっちだけど、目を閉じればどこにだって行けるし誰にだって逢えるんだよ。

 

f:id:utatakanohibi:20170505193559j:image

f:id:utatakanohibi:20170505193608j:image