ばいばい長い夢

 

物語みたいに長い恋が終わろうとしていて、わたしは次に何かではなく誰かを好きになろうとしてる

 

なにも言葉にならない なにも

 

すきがいちばん それはこれからもずっと すきがいちばんの、いちばんすきがなくなってく 少しずつ 砂の城が一気に壊れるのではなく、すごいはやさでサラサラってはしっこから形はそのままに綺麗に崩れていく。 そのお城はとても大きいから形が見えなくなるまでに時間かがかかってしまう。頭の中でその映像が流れがちで困ったな。拷問みたい。苦しいな そしてそれが苦しいのがどこかうれしいな、いつも同じこと言ってるな本当 変わらなさすぎて嫌になる

 

f:id:utatakanohibi:20170824154812j:image