夏のまんなかで

 

倒れたけど、深夜お家抜け出して踊ってばかりの国のライブに行った

boy聞けたし、待夢も聞けた

また永遠に負けるの/13月で待ち合わせ

 

家を飛び出して走ってるとき 久しぶりに生きてる感じがしてひとりで笑った

汗も染めたばかりの髪もキラキラしてた

だって今日は君が生まれた日だったから。

 

 

なんとなく、予定を入れることもできなくて、一日誰かといたいわけでもなく 夕方からデートをした

 

もちろんたのしかったけどクリスティーナリッチに憧れて買ったグリッターレペットの話は彼に話してもわかってくれなかっただろうから黙ってた

 

君を知る前は、わたしにとって紀元前だよ。

 

 

小ちゃく圧縮した気持ちが急に解凍されてしまって、ぽろぽろ一日中泣いてしまってとても困らせたし、これが不思議な可愛い人みたいに解釈されるのに本当に腹が立った。

 

YUKIで好きなのはCOSMIC BOXって言ってたのも覚えてるし、ギャップがなくて好きだと思ったのも覚えてる。きみもそう思ったんだろうね、だから恥ずかしそうに言ったことも覚えてる。

 

 

君の顔も声も、一緒に過ごした時間も幸せな記憶も心も全部この体に詰まってるから

死にたいなんかとても思えなくて、明日も生きていくしかないよ。

f:id:utatakanohibi:20180820005951j:image


f:id:utatakanohibi:20180820005942j:image